M03 Barren Garden
Haifa, Israel

 CIAへようこそ。諸君らをお迎えできて光栄だ。私の名はジョン・クラーク、君たちがこの任務についている間は、わたしに報告書を提出してくれたまえ。君たちと仕事ができることは私にとって光栄なことだ。そして私は君たちのウエストバージニアでの働きに強い印象を受けた。これより君たちの次の任務について説明する。これまでの任務とは少し異なる点が多い、注意深く聞いてくれたまえ。
 諸君らも知っての通り、二日前ボルチモアで核爆弾が爆発した。公にはされていないが、複数の証拠から推察して、その核爆弾をめぐって我々がロシアへ出動する寸前だったのだ。だが、核爆発についてロシアに責任が無いことは明らかだ。
 様々な証拠を収集した結果、いくつかの新たな手がかりを見出した。核爆弾はここハイファの物流施設を通じてボルチモアへ持ち込まれたのだ。情報部はこの核爆弾は、この搬入ルートを利用して持ち込まれた唯一の兵器ではないと推測している。我々は誰がどこで何を輸送したのか、それを突き止めねばならない。イスラエル政府はこの件について我々をバックアップしてくれる。しかし我々はただちにそして静粛に任務を行わねばならない。さもなくば敵は我々の作戦の情報をかぎつけ、機密書類を処分してしまうに違いないからだ。
 諸君の任務は2つの情報を入手することだ。ひとつは先月港から出荷された貨物、そのすべての出荷明細、そしてもうひとつは貨物がどこから搬入されたのかを追跡する必要がある。つまり倉庫に保管されていた貨物のシリアルナンバーのリストが必要だ。
 姿勢を低く保て。もし敵が警報を鳴らしたらすぐに脱出せよ。我々はこの作戦が公の目に触れることを避けなくてはならない。

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット